民事再生のデメリットとは1

皆さんがもし現在多額の借金を抱えていて、そして夜中に低価格で引越ししたいくらいその返済が非常に難しい状況にあるとします。この場合借金を黙々と返済していく以外に方法はないのでしょうか。もし地道に返済をしていけば借金完済への道が見えてくる…こうしたケースならそれも選択肢の一つとしてもいいのでしょうが、もし毎月利息の返済だけで精一杯だと言うならば、借金の元本はいつまで経っても減らず、これでは半永久的に借金生活から抜け出せないでしょう。だとしたら、にも関わらず借金を返済し続けることが本当に選ぶべき道なのでしょうか。ここではそんなときに考えて欲しい借金整理のことについてお話します。
以上お話したような、多額の借金の返済に困ったいるのなら、借金を帳消しにする、或いは減らす目的で、借金整理の手続きをすることが可能です。借金を整理する方法には幾つかあって、その中には任意整理の他、自己破産、民事再生、或いは特定調停といった方法があります。例えばその中の一つである自己破産なら、借金を帳消しにしてゼロにできます。また債務整理の別の手段である民事再生ならば多額の借金を100万円、または借金の金額の5分の1に減らすことが出来ます。自己破産にせよ、民事再生にせよ、債務整理の申し立てを行うには、勿論一定の条件があります。その条件を満たしていないと、債務整理の申し立てはできません。ですがもし皆さんが現実に多額の借金返済に苦しんでいて、借金整理のためのそうした条件を満たしているのであれば、まずはこうした借金整理の方法を試してみることです。試してみると言っても、こうした借金整理には失敗が許されないので、専門家に相談しながら慎重に着実に進めていくことが大切です。勿論現実に多額の借金に悩む人達にとっては、借金が整理できるということは大きな救いだとも言えます。借金の整理を通じて、これを機会に借金をなくす、或いは大幅に減らして、そうして新しい生活のスタートを切ることができるのは、何よりも有り難いことだと言えます。ですが借金を整理する以上、それなりに大変なこともあります。こうした債務整理を行うには、大きなメリットがあるのは勿論ですが、一方でそれなりのデメリットもあります。ここでは借金整理の方法の一つである民事再生と、それに関する手続き上で起こるデメリットを紹介していきます。

自己破産手続きのケースの場合、一定期間の職業の制限や自治体にある破産者名簿への記載などといった、申立人にとってのデメリットがありました。ですが民事再生のケースでは自己破産のときのようなデメリットは全くありません。ここでは民事再生手続きによって債務整理を行う場合に生じるデメリットを挙げておきます。皆さんが実際に民事再生によって借金整理を考えているのであれば、以下の内容を良く知っておく必要があります。以下にそれを紹介していきますので、この文章が皆さんの民事再生理解にお役に立つことを願っています。

Valuable information

大阪・関西で居抜きでの開業希望の方と飲食店物件をマッチングさせるサービスを提供しています。

居抜き物件 大阪

少人数ダイビングで思いっきり宮子ブルーを!

ダイビング 宮古島

名入れ可能なノベルティグッズや販促品・粗品・記念品などの商品を取扱っている専門会社

販促品の作成

結婚祝い、誕生日プレゼントに選ればれているエプロンが盛りだくさん!

エプロン

Last update:2016/6/23