民事再生のデメリットとは3

債務整理の手続きには幾つかの方法がありますが、その中には民事再生と呼ばれる手段もあります。同様に債務整理の方法の一つである自己破産の場合、その申し立てと手続きをするメリットが借金を帳消ししてゼロにできるということがありますが、民事再生の場合は借金を帳消しにしてゼロにする、とは行かないまでも、借金を100万円もしくは元の借金の5分の1に減らすことが出来ます。そうして借金を減額した上で、向こう約3年の時間をかけて返済していくのです。このように借金を大幅に減額できることは、多額の借金を抱える人にとってまさに福音です。従ってもし皆さんが現在実際に多額の借金を抱えていて、その返済に苦しんでいるのなら、一刻も早く民事再生や任意整理等の借金整理の手段を採ることです。ですがある意味当然のことではありますが、誰もが気軽に借金の整理ができる、というわけではありません。債務整理として民事再生の手続きを行う場合にも、相応のデメリットが幾つかありますので、以下にその例を紹介していきます。従って皆さんが民事再生によって借金の整理をしようと考えているのなら、以下のデメリットを含めて、民事再生についてよく理解を深めておく必要があります。
Aブラックリストに名前が載る
皆さんも一度はその名前を聞いたことがあるかと思いますが、所謂ブラックリストと呼ばれるものが存在します。このブラックリストは消費者金融等の金融会社や業者、及びそれに関連する業界に広がっていると言われ、このブラックリストによって、例えば民事再生によって借金を整理した人が、その後でローンを申請したいと言うとき等、その審査結果に影響を及ぼすと言われています。民事再生で借金整理を行なうと、事故情報として登録され、金融業者等の業界においてその情報が共有されることになります。これを即ちブラックリストに載る、と言います。ただし、同じ債務整理の方法の一つである自己破産で借金を整理した場合とは異なり、民事再生の場合は民事再生で圧縮、減額した借金をその後3年間に渉って遅延することなく、無事に完済できた場合にはブラックリストから抹消されるとも言われています。ですがブラックリストを擁する信用情報機関は国内に複数ありますので、この民事再生、しいては債務整理全般とブラックリストに関する事柄は一概には言えません。ですが、民事再生の申し立てをすることによって、こうしたデメリットを蒙る可能性があることだけは認識しておいたほうがよいでしょう。またこれによって何らかの不利益を蒙る可能性のある場合は、民事再生申し立てに当たって、考慮したほうがよさそうです。何か不明な点があれば借金問題の専門家に相談してみればよいでしょう。
B保証人に債務返済の請求が及ぶ
債務整理の申し立てをする人は、多くの場合多額の債務を背負っています。そして倍によってはいろいろな債務を背負っていることもあります。例えばその中に保証人の付いた借金が含まれているケースもあります。そうしたケースで債務整理の申し立てをするとなると、どういったことになるのでしょうか。そうしてケースで債務者が債務整理の申し立てをすると、申し立て人、即ち債務者本人に対する借金がその債務整理の対象ということになりますが、保証人付きの借金の場合保証人に対する債務はゼロとはなりません。従って保証人が債権者からの一括請求を受ける事になってしまいます。これは実は他の借金整理で、例えば自己破産申し立てのケースと殆ど同じです。民事再生のケースでも、もし保証人付きの借金があれば、保証人に迷惑が及ぶことになります。従って債務整理に際して、どうしても保証人には迷惑をかけたくないという場合には、自己破産でも民事再生でもない、他の債務整理方法を検討したほうがよいでしょう。ちなみにこの場合、裁判所を通さず、代理人に債権者と交渉をしてもらう任意整理が有効です。また民事再生で債務の整理をする場合で、それでもやはり債務整理で保証人に迷惑をかけたくないと言うのなら、保証人に対する一括請求を避けて、そうして分割にして支払っていく方法も可能です。但しその場合、保証人に対しても債務整理をする事になります。

いずれにしても保証人にはどういった形で債務整理を行うにせよ、きちんと事前に話をしておくことが不可欠です。

Favorite

古希祝いにプリザーブドフラワーを贈る

2017/9/12 更新